合同会社設立.com | 合同会社の基礎知識、株式会社比較、変更手続き(増資・本店移転・役員変更)を詳細解説。合同会社設立代行サービス全国対応。
トップページ » 合同会社設立後の手続き » 法人名義クレジットカード

法人名義クレジットカード

このページは約10分で読めます。

【目次(もくじ)】

1.会社設立後は、口座も車も事務所(家)もクレジットカードも法人名義へ

合同会社設立が完了しましたら、クレジットカードも当然「法人名義」で作ることが可能です。

ただし、クレジットカードの場合にはやはり「与信」の問題から最初はクレジットカードを作ることすらままならず、個人のクレジットカードで立替払いをして、後から経費精算・・・と言う場面も出てくるでしょう。

尚、会社員から会社設立をして会社社長!となると、ステータスアップした気になりますが、金融機関やクレジット会社からは、「新設法人の社長=収入が不安定」と見られ、個人カードすら拒否されやすくなります。

従って、個人のクレジットカードは必ず会社を辞める前に作っておきましょう。

法人のクレジットカードも作れず、個人のクレジットカードも持っていないとなりますと、さすがに不便ですし格好もつきません。

2.最初はカードの利用限度額が低くても我慢しよう

まずは法人名義のクレジットカードを作ることが目的です。

限度額は最初は30万円〜40万円程度かもしれませんが、使用実績と会社経営年数を重ねて行くと徐々に限度額もカードの色も変わって行きます。

私も最初は限度額40万円でしばしば、リスティング(広告費)の支払が出来なかったり、カードが止まったりしました。

現在ではカードのグレードもプラチナカードとなり、月に700万円越えて使ってもカードが止まることはなくなりました。

尚、2016年10月よりアメックスでは「カードご利用可能額の確認」ができるようになりました。(それまではいくらまで使えるかわからなかったので、止まらないかヒヤヒヤしながら決済をしておりました。)

私も早速自分のカードで試したところ、1,000万円まではOKとでました。
 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-13-28-58
 
会社経営が10年を超えてきてようやくこの信用を構築できたということなのかもしれません。

現在は1,000万円まで使えるプラチナカードを2枚と、500万円まで使えるゴールドカードを2枚所持しており、いつでも2,000万円分使える状況を確保しています。

アメックスの場合はいきなりプラチナカードを申し込めるわけではなく、ゴールドカードで利用実績を重ね、先方からのインビテーションがあってはじめて、プラチナカードに変更が可能になります。

焦らずまずはカード作成からじっくりゆっくり徐々にグレードアップして行けば良いと思います。

追記 2018年10月

これまで利用上限1,000万円だったアメックスプラチナカードですが、1,100万円にアップしていました。(100万円増)

アメックス利用上限
※クリックで拡大します。

また、これまで上限500万円だったゴールドカードも、利用上限1,000万円OKと、一気に500万円増加してました。(いつから増額されていたんだろう・・・)

スポンサードリンク


3.カードの年会費ってどのくらい?

私が現在メインで使っているアメックスのプラチナカードは年会費10万円+消費税となります。(2018年10月現在年会費14万円になってます・・・orz)

ゴールドカードでも年会費や26,000円+消費税ですので、複数枚持つと年会費がかなりきついです。

特に年会費請求月に経費も結構使っていたら涙目になるくらいこの年会費は辛く、年会費の安いクレジットカードにしておけばよかったと毎年後悔している気がします(苦笑)。

それなりに毎月カードでの経費支払が大きくなるケースや海外へ良く行くのならば良いでしょうが、そうでなければアメックスは年会費の高さがネックですね。

→ セゾンのアメックス・プラチナだと年会費が2万円で済みます。

アメックスだけですと年会費の高さもネックですが、VISA・MASTERしか使えない店舗やサービスも結構ありますので、別途法人名義で三井住友ビジネスカードを作っておくことをお勧めいたします。

私もサブで三井住友ビジネスカードを持っていますが、こちらは年会費が1万円+消費税で済むのでコスパが高いですね。

謄本・決算書不要の作りやすいクレジットカードですし、年会費もアメックスの半額以下です。アメックス同様様々なサービス特典が付きますし、1回払いでも、カード利用からお支払いまでは最長56日後のため、キャッシュフローの改善に寄与するカードです。

4.法人経営者向けクレジットカードを比較してみよう

とりあえず与信や作れる、作れないは置いておいて、法人経営者向けのハイクラスクレジットカードを簡単に比較してみましょう。

カード名 ラグジュアリーカード SBS Executive オリコビジネスカード
年会費 50,000円+消費税 35,000円+消費税 2,000円+消費税
利用限度額 カード毎に個別設定 200万円 1000万円
海外旅行保険補償額 海外1億2000万円
国内1億円
海外5,000万円
国内5,000万円
海外2,000万円
国内1,000万円
国税納付 不明
ポイント 1ポイント/1000円
海外の利用は2倍
1ポイント/1000円 1スマイル/1000円
ステータス

5.コスパ重視なら「オリコビジネスゴールド」

こうやって見ると、年会費を出来るだけ安くしつつ、アメックスにも負けないビジネスアシストや各種会員サービスや国内外の旅行保険附帯を求めるなら、オリコビジネスカードGoldがオススメですね。

このカードは利用枠が最大1,000万あると同時に、それとは別に借入可能額100万円~1,000万円のオリコの証書貸付「ビジネスサポートプラン」を利用できます。更に、借入れの際、最大2.0%(実質年率)の金利優遇が受けられますので、非常に資金繰りや資金調達にも強いカードと言えます。

6.圧倒的なステータスとサービス力なら「ラグジュアリーカード」

また、私はまだ持っていないのですが、今非常に気になるクレジットカードが、「カードは金属の時代へ」を標榜するラグジュアリーカードです。

単純に見た目カッコイイですし、チタンカードって経営者同士でも話題性がありそうです。年会費が5万円なんですが、アメックスプラチナの1/3と考えると・・・正直乗り換えたい(笑)

日本初Mastercard最上位「World Elite Mastercard」なので、ステータスやサービスもアメックスプラチナに負けません。全国のTOHOシネマズを毎月1回まで無料鑑賞できるカードって初めて聞いた気がするんですが・・・

国内出張のみならず、海外出張も多い私にとってはトラベル優待も魅力的です。

スポンサードリンク


ラグジュアリーカードのトラベル優待は結構すごい

  • 海外旅行傷害保険最高1.2億円、国内旅行傷害保険最高1億円
  • 世界400都市、1000ヶ所以上の空港ラウンジ無料(プライオリティパス無料発行)
  • VIPトラベル&トラベル優待(世界3,000ヵ所以上の施設でのアップグレードなど)
  • 国際線手荷物宅配3個まで無料
  • 航空機遅延保険

そしてなんと・・・このラグジュアリーカード、世界中130ヶ国、500都市、1,200か所以上の空港ラウンジの使用権「プライオリティパス」も使えるのです。

プライオリティパスの詳細はこちら→世界No.1の空港ラウンジサービス【PriorityPass】

こちらの体験談も役立つかもしれません → プライオリティパスはこんなにスゴイ!!

私も持ってます。

プライオリティパス

※事前に登録が必要なので要注意です。

私が年会費14万円のアメックスプラチナからこのラグジュアリーカードに切り替えられないのは、各種引き落としを既にアメックスで設定しているからです。

年会費が1/3になるのは魅力的ですが、今から引き落とし先を全部変更する手間を考えると躊躇してしまうのです。つまり、カード選びも最初が肝心だということですね。

7.会社設立したてでどうしてもクレジットカードが作れない・・・・

新設法人の場合、法人名義クレジットカードが簡単に作れず、いくつ申し込んでも法人カードが取得できない・・・・というケースもあります。

法人化したての辛い時期です。

いかにこの時期を乗りきって、ゆくゆく法人名義のゴールドカード→プラチナカード→ブラックカードとステップアップしていけるかですが、最初は普通のカードを作るのも一筋縄ではいきません。

そんな時心強いのがデビッドカードです。デビッドカードはクレジットカードのように「翌月○○日引き落とし」ではなく、即時銀行口座から決済した分が引き落とされる銀行口座直結のカードです。

従って、クレジットカードであれば限度額が500万円であれば、現時点で銀行口座に500万円がなくても決済できますが(引き落とし日までに500万円を準備すればOK)、デビッドカードの場合は今500万円の決済をするなら、今500万円が口座になければなりません。

即時引き落としであるデビッドカードは、資金繰りの観点からはクレジットカードのようなメリットはありませんが、経費管理やキャッシュレスには大きく役立ちます。

私自身のお勧めはジャパンネット銀行VISAデビットカードです。

法人口座を開設しよう!のページでも言及していますが、私は開業からずっと、法人口座も個人口座も振込手数料が安くてセキュリティも万全のジャパネット銀行愛用者です。

ジャパンネット銀行は与信審査なし・年会費永年無料のデビットカードです。

利用限度額も1日あたり500万円、VISAマークがあるお店で使えますので、ビジネスには持ってこいと言えるでしょう。

いずれにしても経営面を考えれば、法人名義のクレジットカード若しくはデビッドカードを最低2枚程度は持っておきたいですね。

スポンサードリンク

ご自身で簡単に、合同会社設立や設立後の各種変更手続きが出来るキットを「低価格」にて販売中です。



合同会社の税金相談はおまかせ。全国の税理士を無料でご紹介


融資を断られた方でも資金調達可能「ファクタリング」

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。

利用条件は2つ。 売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか? ※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。 Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら

税理士に依頼せず、自分で徹底的に安く経理をするならfreee

クラウド会計ソフトシェアNo1「freee」は2016年時点で60万人以上の利用者がいます。

会計知識がなく初めて確定申告に挑戦する個人事業主や企業の利用率が高く、同期した取引明細を読み取り自動で帳簿・仕訳しますので大幅な時間・労力の削減に寄与するでしょう。

スマートフォン・タブレット専用アプリを用意し、領収書の管理〜確定申告までスマホで完結させることが可能という手軽さが人気の理由です。

できるだけ手間も時間もそして費用も掛けたくない・・・という方は無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」を試してみてはいかがでしょうか?

全国3,630の銀行・クレジットカードと連動し自動処理(経理自動化)&ステップに沿って質問に答えるだけで確定申告書類を作成!