合同会社設立.com | 合同会社の基礎知識、株式会社比較、変更手続き(増資・本店移転・役員変更)を詳細解説。合同会社設立代行サービス全国対応。
トップページ » 合同会社設立トピックス » 本業に集中する

本業に集中する

せっかく設立した合同会社をたたむ方も多々いらっしゃいます。(合同会社に限らず株式会社であっても同じですが)

事業がうまく行く方の方が圧倒的少数派ですので、潰れる方が多いことも仕方ないでしょう。

ただ、中には事業自体はソコソコうまく行っているのに、余計な投資に手を出してしまい、そのせいで事業自体の資金繰りに悪影響をきたし潰れてしまうと言うケースも実は多々あります。

パターンとしては、以下の2通りですね。

1.事業自体が不調なので、投資で起死回生を図ろうとして失敗
2.事業自体は悪くないのに、伸び悩みや将来への不安から投資に手を出して失敗

遅かれ早かれ1は潰れますが、2は余計な投資活動を行わなず事業(本業)に集中していれば十分、(少なくとも)維持は出来ていたわけなのに焦りから会社を潰してしまうことになります。そしてこういうケースによる倒産や事業行き詰まりは、実は非常に多いのです。

結果論的に言うと「何もしない方が圧倒的に良かった」と言うことになるわけですが、後から言っても後の祭りです。

私自身も27歳の時にFX投資で1,000万円吹っ飛ばした口なので、投資活動に関して偉そうなことは言えないのですが、私の場合はあくまでも自分のお小遣いの範囲でやっていた点が大きく異なります。

1,000万円が消えたダメージはそれなりに大きかったですが、別に会社の金に手を付けたわけでもないし、事業は事業で継続していたので毎月の役員報酬だってもらえます。従って、生活に困ることもなければ、従業員達への給与支払に困るわけでもありませんでした。

もしこれが会社のお金で運用していたらと思うと・・・・・僕自身も今のんきにこんな記事を書いていることはなかったかもしれませんね。

投資をやるなら余剰資金でとは良く言われますが、事業の赤字を投資で埋めようなんて考え出したら、もう事業家としては敗北宣言に等しいですし、そんな精神状態で株やら何やらやったところで、よほどの運が味方しない限りより深い傷を追って破滅するだけです。

そんなことになるくらいなら、正しく会社をたたみましょう。

そしてその決断をする以前に、最後の最後までやるべきことをやり抜いてみましょう。本業以外には目もくれず本業を伸ばすことだけに心血を注ぎましょう。

そう言う努力無しに競合ひしめくビジネスの世界で勝って行くことは不可能だと言えるでしょう。

本業に集中して余計な投資に手を出さない!これが会社継続のコツのひとつと言えるかもしれません。


融資を断られた方でも資金調達可能「ファクタリング」

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。

利用条件は2つ。 売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 

合同会社設立に関するお問い合わせ

お客様の声。行政書士法人WITHNESSの合同会社設立サポートは丁寧できめ細かなサポートが自慢です!