合同会社設立.com | 合同会社の基礎知識、株式会社比較、変更手続き(増資・本店移転・役員変更)を詳細解説。合同会社設立代行サービス全国対応。
トップページ » 合同会社の税金・節税 » 合同会社で中古ベンツ購入

合同会社で中古ベンツ購入

これも節税テクニックの一つですが、法人設立して可能になる節税方法に中古の高級車購入と維持費が全額経費で落とせるというものがあります。

私自身も大きい声では言えませんが、この方法でベンツ、BMW、アウディーの3台を法人名義で所有しております。

なぜ中古のベンツなのか?

自動車のような「資産」は、購入してもそれが一括で全額経費になるわけではありません。

減価償却と言う考え方があり、資産は年々、徐々に目減りするものと言う考え方から、いきなり一括で経費に計上出来るわけではないのです。

具体的に言いますと、普通自動車の耐用年数は6年(普通軽自動車は4年)になりますので、仮に300万円の普通自動車を購入しましたら、1年当たり60万円ずつ、その会計年度に経費計上が可能になります。(ただし、決算期ギリギリに購入した場合にはそこから更に実際に使用した期間に応じての按分となりますので、必ず税理士にご相談の上購入時期を決めたり、会計処理をするようにしましょう)

中古車の場合には、いくばくか使用期間が経過しているわけですから、耐用年数も本来のそれより目減りしているはずです。

「ベンツは4年落ち」なんて言われますが(ここでは専門的な話や細かい計算は割愛しますが)、4年落ちのベンツだと「2年」で経費で落とせますので、仮に4年落ち300万円の中古ベンツであれば、最初の1年150万円経費算入、2年目で更に150万円経費算入が可能ですので、当然節税にもなりますし、2年で償却出来ると言うわけです。

なぜ法人名義なのか?

法人名義ですと車両購入代が減価償却の考え方で複数年に渡りはしますが、結局は全額経費算入できることはお話しました。

それとは別に、法人名義の車両であればガソリン代や保険料等の維持費も全額経費で落とせます。

個人名義の車両の場合には必ず「自家使用」の考え方(自家用、プライベート用としての使用分もあるでしょう?と言う考え方)から全額経費とはなかなか認められません。

法人名義であれば、「自家使用」の考え方自体がないので、面倒な計算や区分の必要がないですし、こちらも節税に寄与します。(ただし、当然実態として仕事に関係なく思いっきりプライベートメインで使用していると税務署に突っ込まれる可能性はあるでしょう。)

法人名義で車を買う時は、損益以外に収支も考えよう

いくら車両購入が節税になるからと言って、その為に会社の資金繰りが苦しくなっては意味がありません。

従って、車両購入の際には「損益」以外に「収支(お金の出入り)」に関しても注意しましょう。

お勧めの方法としては、例えば、300万円の4年落ちベンツを購入する場合、役員報酬をあなたが現在会社から50万円もらっているとしましょう。

役員報酬を50万円→37万円に引き下げます。

その上で、月々13万円のローンを24回払い(2年)で払っていきます。(自動車ローンが4%として、312万円÷24ヶ月=13万円)

そうすれば、会社から出て行くお金は同じ50万円ですし、あなた個人としても役員報酬を下げたことで節税と社会保険の削減になります。その上でベンツも手に入るわけです。(法人としても節税になるのは既に述べた通りです。)

車両に対する会社のキャッシュフローとしても、13万円の支出&損益も1ヶ月あたり減価償却で計上出来る経費が125,000円なのでほぼキャッシュフローベースの損益計算書が出来上がります。

ローンが終わる頃には、また個人の役員報酬は50万円に戻せば良いでしょう。(会計年度の途中での役員報酬変更は出来ませんが。)

通常、サラリーマンが同じ条件で300万円ベンツを買おうと思うと、もらう給与(仮に給与50万円なら50万円丸ごと)に対しての税金と社会保険料を支払った上で、残ったお金でローンを組んだり、貯金をしたりしてベンツを買う方法しかありません。

この違いは何気に長い目で見たら結構な違いですよね。

サラリーマンはコツコツお金を貯めてやっとの思いでベンツを買いますが、会社経営者は、節税の為に「仕方なく」「コントロールしながら」ベンツを買います。

会社経営者が法人名義で高級車を購入するのにはこう言った理由があるわけですね。

せっかく合同会社を設立したのなら、それなりに利益を出してこう言った手法も使って、楽しい会社経営と自動車ライフを楽しみながら、手取りも最大化して言って頂ければと思います。

車両の購入時期や減価償却(何年落ちの、いくら位の車両にするのか)に関しては必ず事前に税理士に相談の上決定しましょう。

→ 顧問税理士をお探しの方はこちらをご参照下さい。

スポンサードリンク


法人向けゴールドカードなら「オリコビジネスカードGold」

※オリコビジネスGoldは法人・法人代表者の方専用のコーポレートカードです。
個人事業主の方は「オリコEXGforBiz」をご検討ください。



1法人あたり10万円~1,000万円(総利用可能枠)までご利用できます。

また、オリコクレジットを利用している事業主限定で利用可能なオリコの証書貸付「ビジネスサポートプラン」を借入れいただく際、最大2.0%(実質年率)の金利優遇が受けられます。(借入可能額100万円~1,000万円、金利6.0%~15.0% ※新規申込時は8.4%~15.0%)

資金調達と資金繰り安定化の選択肢の一つとして持っておいて損はないでしょう。

年会費2,000円(初年度無料、税別)という格安の年会費にも関わらず、豊富なビジネスアシストサービスが付いているのも魅力ですね。

※オリコビジネスGoldは法人・法人代表者の方専用のコーポレートカードです。個人事業主の方は「オリコEXGforBiz」をご検討ください。

融資を断られた方でも資金調達可能「ファクタリング」

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。

利用条件は2つ。 売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)
 
合同会社設立に関するお問い合わせ

お客様の声。行政書士法人WITHNESSの合同会社設立サポートは丁寧できめ細かなサポートが自慢です!